カルチャー&ミュージックスタジオ 学び屋あんぷらぐど トップ

 piano Q&A                                   ©冨澤裕貴

Q.1 指使いって、ぜったいに守らなければいけないのでしょうか?

A.日本とアメリカにおける、交通標識の話を、例にしてみましょう。
 「日本で交通標識にしたがわないと、どうなる?」と尋ねて、よく返ってくる答えが「警察に捕まる」です。ピアノで考えると、これ、すなわち「指使いを守らないと、先生に怒られる」って言うのと同じ気がしません?
 アメリカでは、どうか?実は「交通標識にしたがわなかったら、(事故を起こして)確実に死ぬ」と言われています。
 「スピード落とせ」と指示があるのに、そのままブレーキを踏まないでいれば、壁に激突したり、崖から転落したりするわけです。
 つまり必要な所にしか、交通標識は置かれていないのです。日本の場合、「あまりに多すぎて、どれにしたがったら良いか、わからない」と言うのも、良く指摘されることです。
 指使いも、交通標識で言えば、アメリカと同じで、必要な所にしか記さないのが原則です。
 たとえば、ドーレーミーファーソと右手で弾くのだったら、ドの音の下に1と書いて置けば済みます。そう言う意味では、日本で出版される楽譜には「無駄な指使いが書かれているな」と思うことも、確かにあります。
 見方を変えるなら、「どうして、この指使いなんだろう?」と考えてみるのは、大いに必要だし、合理的でなければ、ならないのです。
 とにかく、書かれた通りにしたがっていれば「取りあえずは事故に遭わない、(弾くのに)つかえないで済む」と考えるべきです。
 いっぽう「絶対に従わなければいけないか」と言うと、そうでもないのです。
 活字になると、どうしても信用してしまいがちですが、たとえば、かの有名なハノンが音階で書き記した指使い、へ長調について考えて見ましょう。
 シ♭を右手は4、左手は2で弾くように指示されているものの、実際は3で弾いたほうが弾きやすく、ファとソの音を右手は2〜1、左手は3〜2で弾くのが正解です。
 ところが“慣れ”と言うのは恐ろしく、私など実際、ハノンの指定した指使いで弾くことしか、すでに出来ません。ただし音階ではなく、短いパッセージ(箇所)なら3でも弾けます。
 望みが叶うのであれば、ぜひ提唱したいところで、自分の生徒には「納得できるのなら、ハノンには従わないほうがいいよ」と、はっきり勧めています。
 他の調でも「再考の余地あり」ですので、興味がおありでしたら、確かめてみてください。
 指使いを決めるのは、「ゴルフの試合で、どのクラブを使って打つか」にも似ています。
 ちょっと詳しい方なら、おわかりでしょうが、最初に遠くまでボールを飛ばす際、パターは使わないし、逆に(何千万円と言う賞金が、かかった)詰めの大事な一打で、ドライバーは使いません。
 ピアノも各先生、“必殺あるいは必勝の指使い”と言うのをお持ちで、いわば“企業秘密”をせっかく教えて頂いたのに、無視していては、失礼に当たるのはもちろん、愚の骨頂です。
 弾けないパッセージのある場合、まずは指使いを代えてみる事で解決する可能性は、かなり高いです。さらに腕や手首のポジション(形)に無理がないか、次に強弱、テンポが適正かを考え、さらってみるのは、それからです。
 指使いと言うのは、自分で自分の演奏に保険をかけるようなもので、「このほうが絶対に弾ける」と言う確信があるのだったら、代えても構わないと思います。
 ただ緊張感を持たせるために、わざと不利な指使いを選ぶ場合がある事も、ハイレべルな話ではありますが、心得ておくべきでしょう。

Q.2 最初に曲を見るときは、片手ずつ、さらうべきでしょうか?

A.
これは、完璧な誤りで、いきなり両手で弾かなければいけません
 たとえばショートケーキを食べる際、上にのっているイチゴをいつ食べるかはさておき、横向きに、そぐような食べ方はしないでしょう。
 つまり「クリームの部分だけで口をいっぱいにしてから、パフパフしたスポンジケーキを食べ、今度はクリームとイチゴの混ざったところのみ頬張って、最後にまたスポンジケーキを」なんて、いただき方はしませんよね。
 やはりフォークで縦に切って、いっぺんに口へ入れるから、おいしいのです。
 お鮨だって、ネタをはがして醤油をつけると、握った職人さんからは、あまりいい顔をされないはず。ちょっと話がそれてるような気もしますけど、心意気って、そう馬鹿にした問題ではないと思いません?「へい、お待ち」って完成させて出している、いわば作品をそのまま食べないなんて、どうですかね、無神経と言うか、野暮と言うか。
 音楽も、解体しなくても味わえるよう、むしろ訓練する必要が、あるのです。
 では、どうしたらよいか?
 どんなに難しいと感じられる曲でも、たいていは両手で、いきなり弾ける方法が一つだけあります。
 ゆっくり弾くのです。
 それこそコロンブスの卵と嗤うなかれ。たいていの子供は、最初に本を読み始めるとき、一字ずつ、ゆっくりと声に出しながら、書かれている言葉を理解してゆきますが、少し進んでくると、学校の先生は黙読するよう勧めます。たくさんの大人が、電車の中で、いちいち声を出して新聞など読んでいたら、おかしいですものね(もちろん、朗読が悪いと言っている訳では決してありません、念のため)
 楽譜も同じで、黙読できなければ、いけないのです。
 つまり楽器の力を借りなくても、頭の中で音楽が鳴るようにするのです。当たり前のように思われるかも知れませんが、大変な修練のたまものと言えます。
 それが、片手で弾き始める練習ばかりしていると、いつまで経っても能力が備わりません。音を縦に重ねるか、あるいは旋律をかみ合わせるかして、できあがる音楽を予想する必要がないからです。
 途中から引き継いだ生徒さんの、初見能力が著しく低いと感じられる際、話を聞いてみると、高校生や、極端な場合、音大生になっても「片手ずつ練習を始めている」と、打ち明けられることが多いのに、驚かされます。
 あきらかに指導する側の問題であり、ゆっくりと両手で弾くことの大切さをまずは認識し、だからこそピアノの学習を始めた段階から、やさしい曲を片手ずつではなく読んでいく習慣をつけないと、取り返しのつかない負担を生徒にかけさせる結果に、なりかねません。
 敢えて言うまでもないことですが、「取りあえず、弾けるようになりさえすれば良い」と、口移しのように、音を耳で覚え込ませるのは、言語道断です。本人も親も、ずいぶん弾けるような気でいて、実は、まったく譜面が読めないなんて、笑うに笑えませんから。
 
ときおり「片手で弾かせてみると、できないことがある」と、したり顔で言われる向きも居られますが、これは変です。
 どう考えても、両手よりは片手で弾く方が簡単なのに、おかしな話と言えないでしょうか?
 これは「両手で弾いている時に、片手が弾けていないことに、気づいていない、要するに自分の音を聞いていない」と考えるべきです。
 やはり「ゆっくり弾く練習が徹底されていない」と言えます。つまり、すべての音が耳と頭で、しっかり把握できるまで、テンポは絶対に上げてはいけないのです。もっとシビアな言い方をすれば、その際、体が固くなっていないのも、必須条件です。
 ためしに片手で弾けるようにして、両手で合わせてごらんなさい。いきなり速く弾けますか?テンポを落としているでしょう。
 その落としている状態から始めていると考えれば、ほら、いきなり両手でさらう方が先に進んでいるし、片手でさらうのが時間のロスである事は、容易に理解できますよね。
 基本的に、片手で弾いてみる必要があるのは「指使いを代える時のみで充分」と、捉えておいてください。
 

Q.3
どうして、左右の手が別々に動くのですか?

A.
これも、前の質問と関連して、一般に、よく誤解されていることです。
 禅問答であるでしょう、「手を叩いたときに、どちらの手で鳴らしているのか」って。

ピアノも同じ気がします。と言うより、そうでなければいけない。
 フォークとナイフを使ったり、茶碗を持ってお箸でご飯を口に運んだり、紙を手で押さえて字を書いたりするように、片手のみで何かをする機会って、意外に少ないのです。
 夫唱婦随と言ったら変かも知れないものの、利き手だけではなく、必ず両手で動作のバランスを取っていると言えます。
 オーケストラや室内楽、重唱やコーラスなどの場合を考えてみても、すぐにわかる事ですが、誰も、周りの人と別々に弾いたり、歌ったりしようとは夢にも思っていません。むしろ「どうやって合わせようか」と考えるのが、当然でしょう。
 ピアノなどの鍵盤楽器は、要するに一人でアンサンブルを奏でているわけで、どちらかの手で弾かれる(そう、お箸や鉛筆と違って、常に利き手とは限らないのです)メロディを、もう片方が伴奏としてバックアップする場合もあれば、両手でメロディを弾いて、かみ合わせる場合もあります。
 音楽的な専門用語では、前者をホモフォニー(旋律音楽)、後者をポリフォニー(多声音楽)と呼びます。一般的には「後者の方が難しい」とされており、二つの声はおろか、さらに多くの声を両手に振り分けて、五声までの作品が書かれていたりもします。
 いよいよ「どうして別々に?」と聞かれそうですが、ひとつだけ助言できるとしたら、「別々に動かそうと考えているうちは、別々に動かない」と言うことです。
 それこそ禅問答にもなりませんが、何しろ、これって鍵盤楽器、最大の特徴ですからね。
 他の楽器で考えてみてください。パート譜を見て一人で練習しているうちは、どんな曲だかわからない事だって、稀ではないのです。ただ、だからこそ、弦楽器や管楽器に携わるプロは、最初の合わせのとき、自分以外の音にも細心の注意を払っています。
 とにかく、こちらは最初から、「どんな曲か」が把握できるのですから、前の質問の答えを振り返るまでもなく、片手で弾き始めるなんて、本当にもったいない。
 つまるところ、やはり究極は、ゆっくり弾いてみること
 先ずは目と、くわえて耳と頭が慣れて来れば、それほど難しい曲でないのなら、すぐに弾けるようになるし、そのときには「どうして左右の手が別々に動くのだろう?」とは、もはや考えていないのです



ピアノを弾く際どのように体を使うべきか 
     〜四つの身体的奏法について


基本的に椅子へ座る姿勢が決められれば、後は腕の使用法つまり肩に始まり指先に到る大まかに分けて四つのジョイント部分をどう意識して指を動かすかが問題になってくる。

@   から落とす →    音が得られる
A   から突く  →    音が得られる
B   から振る →    音が得られる
 
@〜Bの奏法を駆使してChopinのエチュードOp.10−5のラストを弾くことができる

ある楽曲をピアノで弾くのにどう接してゆくべきか 
              〜三つの過程によるアプローチの方法について


ピアノで演奏を行う場合、以下に掲げる三つのプロセスを経れば、確実に自分の意思を具体的に表現することができるであろう。

ほか

                                        無断転載・配布等禁じます。