本文へスキップ

自宅で教室・サロンを開きたい!起業初心者のためのトリセツ&ヒント集

自宅教室のトリセツ!

※一部内容(リンク等)準備中です。ご了承くださいませ。


    



超キケン!

教室開校初年度で前田が陥ったわなー

それがどのようなものだったか、まずはこちらをお読みください。




1年後にはこうなる!?
教室運営初心者の陥りがちな「わな」とは?





はじめまして!自宅教室起業。カイゼン・アドバイザー前田昌則です。
この度はこのページを読み進めていただき、ありがとうございます。

この物語の内容は、前田が生徒集客で悩み、資金繰りに苦しみ、
そしてとうとう、

 生まれて初めてお金を数える夢を見た

という正真正銘の実話です。

物語は、開校から時系列で、実際に行った前田の教室運営を紹介しています。

自宅教室開校に向けてスタートしたばかりの方の多くは、
当然のことながら、
何からどうはじめて、どのように生徒募集をして、収入を得ていけばよいか
不安だと思います。

そういった悩みを払拭させ、前田の陥ったわなにはまらないためにも、どうぞ
このストーリーをご活用いただければと思います。
それではスタートです^^





生徒募集で大赤字



前田が初めて音楽とカルチャーの教室を開いた2006年、
講師は2人、受講科目はボイ・トレのグループレッスンとボーカル・アンサンブルのクラス、およびピアノの入門者向け講座でした。

当時は集客(生徒募集)についてほとんど勉強していませんでしたが、
とにかく新聞の折り込み広告、というのだけが頭にはありました。

開校前1ヶ月の間、広告を3万部、15,000部ずつ2回に分けて配布しました。

今でも覚えているのですが、初めて問い合わせの電話が来たときは、
もう声が上ずる、呼吸がうまくできない、心臓ばくばく、という状態でした(笑)

そして、体験レッスンに来てくれたのが、
ボイ・トレグループレッスンに3名、ボーカル・アンサンブルコース2人、
の計5名でした。

あと冷やかしで1名、どんな感じの教室ができたんだとのぞきに来ました^^

皆、中高年です.


体験が終わって、皆さんなんと全員が入会と申し込んでくれたのですが
結局その後、断りの電話があり、
ボイ・トレコースに1名・70代男性が入会しただけでした…

そして4月開校から6月までの3ヶ月で、生徒数はわずか3人でした。

前田の教室・学び屋あんぷらぐどは、講師に来ていただいてますので、
生徒がいない・少ないでは話になりません。

でも、何をどうしたらよいか、わからない。
とにかく広告を打つことしか思い浮かばなかったんですね。

そしてようやくホームページを作り、インターネットで、無料で登録できる
教室案内サイトに登録しました。


新聞折り込みも何回もやりました。

でも結果はなかなか出ない。
問い合わせ・申し込み0ということも何度もありました。

新聞の折り込みは、結構費用がかかります。チラシの印刷代・折り込み費用…

本当に資金繰りが大変でした。
結局、折り込み広告に見切りをつけ、違う媒体に広告を打つことにしました。

とにかく広告をすること以外、することが思い浮かばなかったんですね…



地域のフリーペーパーへ




まずは地域のフリーペーパーに目をつけました。

思い切って電話をすると、営業さんが2人やってきました。

広告代理店に頼むと何ヶ月分も契約を勧められるよ、
ということは、何かで読んだような記憶が当ったのですが、
やはり3ヶ月分・5回の契約を勧められました^^


そしてもう一つ、新聞折り込みで入ってくる地域の情報紙を見つけ、
そこに広告の掲載を申し込みました。

本当に何とかの一つ覚えに広告広告ですね…

しかし、本当にわずかですが反応があったのです。
新聞折り込みをしても反応がなかったのに、うれしかったですね^^

でも何度か掲載すると少しずつ反応が落ちてきます。
また悩む日々が続きました。





はずれた目論見




さて、ここで初年度前~中期(4~12月)の学び屋あんぷらぐどのレッスンや
事業内容をお話しておきましょう。

■レッスンコース
 ボイストレーニング…結局個人レッスンに移行しました。
 ピアノ入門講座
■貸練習室
■サロンコンサート 3回開催 …人数はそんなに集まりませんでした。
■紅茶セミナー開催 1回(全4回)


これらをグランドピアノが置いてある、13畳程の小さなスペースでこなしていました。。

生徒募集・集客はすべて広告です。
ほんとに広告代が大変でした。

初年度は大赤字でしたが、その大元は広告代です。

前田のもくろみといいますか、事業計画書ではレッスン日以外、
貸練習室で利益を上げる予定でした。

ところが、4月開業から12月ぐらいまで利用者がたったの3人… 

あとは後に音中に進学することとなる
知り合いのこどもが弾きに来てくれるくらいです。

ただヒトツ、この貸練習室で一つの出会いがありました。


後に、ピアノ入門講座の受講生になり、
そしてあんぷらぐどの大人&こどもピアノ講師になってくれる方が利用していてくれたのです!




新しい試み


そして12月、一つの決断をします。

それは来年2月の生徒募集シーズンに合わせ、
ボイ・トレコースに講師を1人増やし、
かつこどもピアノコースを新設することでした。

で、また新しい広告先にコンタクトを取りました。
今はなき、大手お稽古情報誌です。

これは結構すがるような思いでしたね…
ちなみにこのお稽古情報誌の営業さんとは、今でもつき合いがあります。

そして年が明け2月3月生徒募集シーズンが始まりました。

結果からいうと、

■折込み地域情報誌
ここでは何とインタビュー記事という形で掲載いただきました。
なので料金は無料です。
このインタビュー記事から5名の体験レッスン申し込み、
うち3名の方に入会していただきました。

■大手お稽古情報誌
5名体験申し込み、うち2名入会


■フリーペーパー
問い合わせ数件のみ


という結果でした。

前田にしてみればそんなに悪くない結果です。
問い合わせ、体験申し込みゼロからすればもう格段の進歩です。

が、費用対効果からするとまだまだ赤字です。



そしてその年2年目も広告に依存した集客方針を取りました。
方針をとった、というよりも、結果としてそうなった、
という方が正確でしょう。

そう、ここは大事なところなのですが、
「結果としてそうなった」ということは、
「全く戦略がなかった」
ということになります。



前田がしてしまったこととは~陥ったわな


では、初年度を振り返ってみます。
 
前田は教室開業に当たって、ビジネスプランの書き方や起業の仕方など
様々なビジネス書を読みました。

またそれ以前より、資格を取るため経営学の勉強もしていましたので、
ビジネスの基礎的なことは頭ではわかっていたつもりでした。

ところが、現実はそううまく運びませんでした。

結局、前田が陥ったわなとは、下記のようなことだったと思います。

1.何をどうしたいのか戦略(=方向性)が全く見えない

募集の結果でコース内容を変えた。
・ボイストレーニングコースでは、最初はグループレッスンだったが、
集まりが悪かったため、途中からマンツーマンレッスンにした。

・また、友人同士2人でできないかという体験申し込み・相談があったため、
お友達と2人コースを開設。しかしその後応募はゼロ。取り止め。

これは場当たり的で方針の一貫性がありません。


2.経営上の目標がない
例えば生徒を今月何人集めよう、という計画がない。
よって、どのような広告の内容をつくればよいのかなど、

実際の行動に落としこめない。

3.集客のための戦術・方法論を持っていない。
ホームページ・広告など、2、3種類のやり方しか知らない。


そして、大手お稽古情報誌とおつき合いするうちに
 ・顧客を絞り込んでいない、顧客ターゲットがわかっていない
 ・ほかの教室との差別化ができていない。
 ・強みを活かしていない。もしくは分かっていない。
 
ということがわかってきました。

顧客が絞り込めていないから、顧客ニーズが全くわからない。
なのでたとえば 、お友達と2人でできないかしらと相談されれば、
そうかこういうニーズもあるのかと、じゃコースを作ってしまおうと、
安直な行動となる。



コレは上記 1.何をどうしたいのか戦略が全く見えない、
ということですね。

・ほかの教室との差別化ができていない

みなさんはタウンページの「音楽教室」のページを見たことがありますか?
前田は以前見て、ちょっと愕然としました。
けっこうたくさんあるのですよね。
こんなにたくさんある音楽教室のなかから、
みなさんどうやって教室を選ぶのだろう…
と考えてしまいました。

前田の教室の特徴を出そうと考えても、例えば、
「あんぷらぐどは講師に自信あり」

と思っていても、タウンページを見れば
「大学院卒の講師が・・・」「現役の声楽家が・・」
などとあり、前田の教室は、

 競合と差別化が全くできていない

ことに気付きました 。

みんな同じ?どの教室がどうちがう? 
習いたいと考えている生徒さんから見れば、「(どこも)おんなじ」なのです。




今振り返ってみると、前田の最初の失敗点は

自分の教室を作り込めていない

ということだと思います。

学び屋あんぷらぐどはこういう教室だよ

というメッセージが伝わっていない。
もしくはできていない、ということですね。

だからどういう方針で経営をしていけばよいか定まらず、
ブレまくりだったのです…



あなたも陥りやすいわなとは?


よくありがちなのが、

自分の好きなこと・得意分野で独立をする=自宅教室

を開業するので、そのまま「突っ走ってしまう」こと。

しかし―

講師・先生としての仕事と、経営者としての仕事はまた違うものです。
もしあなたが、独立起業前に、音楽教室に勤めていたとか、
カルチャーセンターで講師をしていたから大体わかる、
と思っていたら―

Q.あなたはご自分で生徒を集めたことがおありですか?
A.いいえ
アドバイス…前田と同じになる可能性大です。気をつけましょう(笑)。


Q.どんな生徒さんに来て欲しいですか?
A.初心者から経験者、こどもから大人までたくさんの人に来て欲しい!!
アドバイス…前田と同じになる可能性大です。気をつけましょう(笑)。


では、一体どうすればいいのか??


カンタンです!
みなさんは、前田がした「一番やってはいけないパターン」の逆をすればいいのです^^
つまり、

1. 自分の教室を作りこみ(顧客を絞る・強みを活かし差別化する)
2. 何をどうしたいのか方針(=戦略)を定め
3. 経営上の目標を決め(例:今月は生徒さんを×人集める!)
4. 広告宣伝の戦術(=やり方)を知り
5. 見込み生徒さんの心に突き刺さるメッセージを発信し続ける


はっきり申し上げて、これは大変な作業となります。
試行錯誤の連続です。
しかし、自宅教室の経営者として、地味なことを地道に、
毎日こつこつと続けることが大切なのです。

ただ、行くべき方向がわかっていれば、
それに合わせた試行錯誤のみ行えばいいのです。

前田がした試行錯誤は、行くべき方向のわかっていない、
行き当たりばったりのしなくていい試行錯誤でした。

行くべき方向性が定まっていないので、仮にその試行錯誤が上手くいっても、
次につながらないのです。

なぜなら、またまた別々の方向性で試行錯誤を行うため、
いつまでたっても点は点のまま、「線」にならないのです。

「線」にならないまま、生徒募集が上手くいかないことが続くとー

心が折れます…




物語は続く!


さていかがだったでしょうか?

あなたがこれから自分らしい教室を作っていく上で、
前田の経験が反面教師として参考にできる点があったかと思います。

ビジネスは、長く続けてこそ意味があるのです。
それは

「利益を上げること」=生徒募集が上手くいくこと、

にほかなりません。

利益を上げることに躊躇してはいけませんよ^^
もしあなたの教室が途中でこけてしまったら、
困るのはあなたを信じて通い続けてくれた生徒さんなのですから。


…お読みいただいてありがとうございます!

「人気教室になる!ブログ講座」にも当物語のの内容の一部を解説していますので、もう一度読み直していただければ、さらにご理解が深まるかと思います。

今後もブログを通じて、あなたの教室運営にお役に立つ情報をお届けし、
かつ、個別コンサルティングやセミナー開催のお知らせをさせていただきますので、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!





著者紹介
自宅教室開校カイゼン・アドバイザー
前田 昌則
・ 東京経済大学 経営学部卒
・ 大学時代、音楽サークルに所属し、おもにアメリカンロックをカバー。
・ 大学卒業後は就職をせずに、アルバイトをしながらライブハウスで一人弾き語りライブを続ける。
・ 在学中から卒業後数年まで数々のアルバイトを経験し、
また、海外旅行を含め日本国内も旅をして、知らない世界を垣間見る。
・ 家庭の事情で音楽活動を断念、家業であるお好み焼き屋で働き始める。
・ 海外旅行で必要と感じた英会話を、20代中頃から習い始める。
・ この頃より習い事の楽しさを知り、以後、資格取得のための勉強をしたり、
合気道の稽古にいそしむようになる。
・ 先代である父の他界後、自分の好きな音楽や習い事で
何か自分らしい仕事ができないかと数年考えていたある時、
自宅店舗の遊休スペースを有効に使い、
音楽とカルチャーのスペースを作ることが頭に浮かぶ
・ 2006年4月、カルチャー&ミュージックスタジオ学び屋あんぷらぐどを立ち上げる



ブログ講座はこちらから
人気教室になるための開校準備
自宅教室オーナー先生のための起業&経営力アップ養成ブログ講座




では、実際にブログ講座をお読みになった方の感想をお読みください。

ブログ講座の感想:「内容が濃いです!」




「私にとってはわかりやすいというか、これなら私もやっていけるかも?!と思わさせてくれました」

 どのような生徒にきてほしいかというところを明確にするということが大事だという点、大変印象的で、自分には何ができて何ができないのか、ということを考えるきっかけになりました。
まだ具体的な開業の計画がないままに申し込んでしまいましたが、
大変現実的でわかりやすい内容で、少しずつ自分の夢が形にできるような気がしています。
ありがとうございました。 (女性・開校準備中)」


前田さんのブログを拝見するまでは、まずはサークルという形で興味のある人達を集めてやろうかなあと考えていました。
ただ前田さんのブログを拝見しているうちにもっとビジネスとしてやりたいと思うようになってきました。

(略)
実は
私の主人はマーケティングのプロでとても詳しいのですが、
私にとってはなんだか話が大きすぎてどうも腑に落ちないというか
そんなのできるのは大きな資本のある会社だよ。と思っていました。
でもよーく考えると今まで主人にアドバイスされたことと前田さんのブログの内容は基本的には一緒なのです。

ただ自宅での教室運営に絞ったところと前田さんの実経験のお話が
私にとってはわかりやすいというか、これなら私もやっていけるかも?!と思わさせてくれました。

またよろしくお願いします。

(開校準備中 マクロビオティック教室 女性 シドニー在住)




なぜ、起業初心者でも開校できる知識がつくのか?




まずはこれだけ考えれば大丈夫!
夢をかなえ、家族・友人ともっと幸せな人生を過ごすための
収入に直結する自宅教室の開校準備のイロハが分かる!

開業の手順から、
気を付けたい陥りやすいポイント、成功のためのポイントが満載!


自宅で教室を開く前に読む


人気教室になる!トリセツ式無料ブログ講座は、
ご自宅で音楽教室・カルチャー教室などを開きたいと真剣に考えている音楽家・カルチャー講師のために作成いたしました。

この無料ブログ講座を読むことであなたは、

開校のための最初の一歩から、
地域で1番の人気教室になるために具体的にするべき手順を手に入れることができます。



教室開校前に考えておくこと・成功と失敗を分けるポイントとは?




自宅教室経営12年の経験から導き出した、開校前に知っておきたい原理原則です。

その内容の一部をご紹介すると、もしあなたが・・・・

 どのような手順で開校すればいいの??

 何をどう考えて、どう実行すればいいの??

 何か届け出は必要なの?

 開業資金はどれくらい必要なの??

 生徒募集の方法って??

 体験レッスンは有料?無料?

 規約はどう作ればいいの??


 本によくある「経営資源」って何?

 「強み」ってどう見つければいいの?
 
 レッスンが作れない理由って?

 生徒さんに来てもらうために何をすればいいの?

 

開校に関してこれらの疑問をお持ちでしたら、このブログ講座はきっとあなたのお役に立つ内容になると思います。


このブログ講座は大きく分けて3つのステップで解説します。



 準備段階で考えること…「ココに決めます」と言わせるために!

 広告戦術…自分の教室のことが分かっていないとメッセージが届きません。

 入会のための体験レッスン…「期待以上のレッスンでした!」と思わせるには?

この3つのステップを読むだけでも成功するためのポイントがつかめる内容になっています。



ビジネスの基本を良く知らないまま運営すると、
必然的にハマッてしまう落とし穴があなたを襲います。

前田もハマッてしまった「もし、知らなかったら、こうなる」という危機を、あらかじめ把握しておけば、試行錯誤の回数が減り、
遠回りせず教室経営が楽になります。


1年後にはこうなる!? 陥りがちな教室運営のワナ
これを知っているだけでも、ほかの自宅教室さんより、
1歩先んじることができます。




このように、ステップ・バイ・ステップで、かつ分かりやすく難しい専門用語をできるだけ使わずに、あなたの理想の教室を考えるヒントとなるノウハウや学び・気づきを手に入れることができるように構成してあります。


これが起業初心者でも開校できる知識がつく理由です!

ぜひ、ご覧ください!




こちらから
人気教室になるための開校準備
自宅教室オーナー先生のための起業&経営力アップ養成ブログ講座




雑誌 『ビッグトゥモロウ』青春出版さんに掲載されました。






   




自宅教室開業・運営改善
学び屋あんぷらぐど代表
前田昌則(まえだまさのり)



家業であるお好み焼き屋を引き継いで15年(2015年末で廃業)、学び屋を立ち上げて12年目と、飲食店とサービス業といった異業種を切り盛りすることを通して学んだ実践的運営を体系化!
自宅教室オーナー兼講師・先生のための経営サポート・コンサルタント
自宅教室救急箱主催
カルチャー&ミュージックスタジオ学び屋あんぷらぐど代表オーナー

 じめまして、カルチャー&ミュージックスタジオ 学び屋あんぷらぐど代表前田昌則と申します。

現在、自宅を改築し平成18年に立ち上げた、学び屋あんぷらぐど代表として、声楽・ボイトレ、ピアノ、フラワーアレンジなどの講座を開き、紅茶セミナー、絵画教室、サロンコンサートやフラワーアレンジ作品展などミニ・イベントを主催する活動をしております。 

また、貸練習室としてプロ・アマ問わず一般の方にもレッスン室を開放しています。

学ぶことが大好きで始めたカルチャー&音楽教室。
大手英会話スクールや通信教育、ビジネス予備校などに通い「生徒」としてこの業界を知っていても、経営をすることは初めて。
でも、飲食業経営の経験もある、ビジネス、特に起業の本をたくさん読み、なんとかなるさ、と思っていました。

ところが―
あんぷらぐどは講師に来ていただいていますので、生徒募集は前田の最も重要な仕事です。
でも、開業して3年は、生徒募集に苦しみました。 
「なぜ」「どうして」と自分を疑ってしまうことも多々ありました。
広告代など資金繰りにも苦しみ、生まれて初めて、お金を数えて
「これだけあれば支払いができる」と安堵する夢を見ました…。

幸い、講師の方々や受講生がそんな前田を支えてくれて、
少しずつ生徒さんが増えてくるようになったのです。

そんな経験をもとに、自宅で音楽・カルチャー教室を開いてる方、
これから開きたい方に向けて、少しでも役に立てばという思いで、
その時々で考えた教室運営についてホームページに思うまま書き綴っていたところ、意外とたくさんの方が訪れてくださるようになりました。 

そして色々なテーマで悩んでおられるのだということが分かりました。
さらに、長年培ってきた技術・知識を活かせない音楽家などがたくさんいらっしゃることも知りました。
就職難や事情で音楽から離れ、「いつかはまた音楽の仕事を…」と、
それを支えに全く音楽と関係のない仕事についている方も知っております。

また、少子化、景気などの影響で廃業を余儀なくされた自宅教室の話を聞いたりするうちに、これから自宅で教室を開きたい方に向けて、前田のようなつらい思いをしなくて済むように、前田の経験を自宅教室開校ノウハウとして体系化し、「自宅教室開校コンサルタント」として活動することを決意いたしました。


1966年埼玉県生まれ。東京経済大学経営学部卒。
在学中音楽サークルに所属。
卒業後も1人で弾き語りライブを月1回で行うなど音楽活動を展開。

亡き父の健康上の理由で家業(お好み焼き屋)に携わるまで、
1度も就職経験がなく、約11種のアルバイトや家業の承継、
自分で事業を立ち上げるなど、
一貫として「自営業者」「個人事業主」として生計を立てる。

家業を営みながら味わったいろいろな思い、
そこから抜け出したくて自分で学び屋を立ち上げるも経営に苦しむなど、
その経験を活かし、自宅教室オーナー兼先生のための
経営支援・サポート活動することを決意。

メールマガジンで有益な情報・ノウハウを提供するとともに、
ペースメーカー、アレンジャーとして自宅教室オーナー先生の開校・経営をサポート。

前田作成のテキストで理論を、実践では約90のワークシートを通して
クライアントの「あなたストーリー」「あなたワールド」という
「想いの原点・中心」を引き出し、そこから
「クライアント独自の教室・レッスンを確立」する手法に定評がある。

また、話すだけでクライアント自ら気づきが多々生じる、
親身にかつモチベーションがあがるスカイプ・コンサルが大好評!

「好きな仕事を気持ちよく!」「自らの存在で誇りを持ってこの社会に起つ!」
という個人事業主を1人でも多く輩出することを自らのミッションとして活動中!


メルマガ発行時には、のべ300名以上の方に
登録いただいた内容です



実は以前、メルマガを発行していたのですが、その時の読者登録はのべ300名以上でした。



内容が濃いです!

前田さんの講座は、分かりやすい、丁寧で親しみやすい。
笑える?!(すみません(^_^)/)

一人でしないといけない。でも何からして、どうやって! というところの不安がなくなりました。

無料というのは、受ける側としては、得した!とかになるものが、私はこう感じました。
前田さんのような人になりたい!☆と。
失敗から学ばれ、決して夢をあきらめない、そして惜しみ無く人に伝えていける人に。
インパクトあり! 強い! お会いしたことはないのに、ずーっと印象に残ります。すごいです。

私もこの講座の内容を実践して、前田さんに☆☆☆こうなりました!と言えるように、頑張っていきます。

お礼と感想を。                                    (女性・開校準備中)

音楽教室や習い事の経営に特化した前田さんのサイトはとても参考になりました。
こういった情報はなかなか仕入れることができなかったので…。
もっと早く出会っていればもっと違った経営ができたかもしれないと、今さらながら思い、それが残念でなりません。
しかし、行き詰まった私に新たに行動を起こすきっかけになってくれました。
ありがとうございました。  (ギター教室・男性)



私も一言感想を。

具体的で、ていねいなアドバイスなのでわかりやすく、何よりも勇気が 出ます。
シートを書いてみると自分の今までの 振り返りから、
強み"何だろう?というポイント。
それに絞り、また気づきがありますね。
焦点がぶらさない!これが大切。

私の場合は 絵描きではないですが子ども対象の絵画教室開講するんです。
アートセラピーの資格を取りました。来年6月予定です。

正直私にできるかな?とか絵画教室は段々下火みたいとか思いが錯綜!
日々不安もあり、です。

およそ半年後に開講予定ですが、開講後もドン底になって?
何かあったら尋ねる人がいる!というのは
心強いです。前に進めそうです。

前田さんの講座 楽しいです。どうぞ宜しくお願いします☆         
 (女性・開校準備中)




前田の教室あんぷらぐどでは
実働約45時間で、
45名の生徒さんが在籍中(2017年10月現在)。

1日実働5時間としたら、9日間相当です。
たった9日間で、受講料売り上げは、20万~30万。

そして、2011年から、生徒数30名を下回ったことがありません。
2012年からは常時40名の生徒さんが在籍されています。

つまり、毎月安定した受講料売り上げが、毎年のように入ってくるのです。

ただし、ここまでに至るには、開校1~3年は大変な思いも味わいました。。。


              

どんなジャンルの教室でも、自宅教室経営上の
考えるべきポイントは同じなのです!



起業準備編 および開校後1年~で、

 
 生徒数5~20名で頭打ち。さらに発展したいのだけれど
  経営について分からないことが増えてきた方向け
です。

全くの経営初心者が、
1年で生徒数0→30人以上にするための
基礎知識が身につく
無料ブログ講座です。


こちらから
人気教室になるための開校準備
自宅教室オーナー先生のための起業&経営力アップ養成ブログ講座






全9回、1日1講座お読みになるとしたら1週間と2日が
終わったら、、、




ステップバイステップで、自宅教室開校の手順がカンタンに分かります。
ですのでこのブログ講座を読みながら、ぜひご自身の「開きたい理想の教室」に落とし込んでください。



そして、もし、

・もっと深く落とし込んでいきたいと感じた
・まだ今一つ確信が持てない
・どうも不安が残る…

というのなら、どうぞ前田の開校アドバイス個別セッションにお任せください!


このブログ講座を読んでから相談されると、開校までのスピードと、理解の質、完成度が違います。


一人で考えながら迷いながらの試行錯誤では、いつになったら開校できるのか、 「これでいいのか?」という不安がぬぐえません。 そうなる前に、一緒に最初から納得のいく「理想の自宅教室」を開いて頑張っていきましょう!




>>>ブログ講座をお読みになった方は、こちらへお進みください

>>>ZOOMセミナー(準備中)

>>>個別コンサルティング






  


































自宅教室のトリセツ!

〒344-0046
埼玉県春日部市上蛭田219-11

TEL 048-755-2363







自宅教室開校のヒントはこちらから


人気教室になるための開校準備
自宅教室オーナー先生のための起業&経営力アップ養成ブログ講座



生徒募集のためにブログやフェイスブックでやること

コピーライティングの大原則!「入会への道案内」を極める

超古典・AIDMA(アイドマ)の法則

自宅教室のら・た・ま・さ・せるマーケティング

自宅教室の売上方程式はこちら!

自宅教室の事業計画書を考える~未来を描こう!

自宅教室開業時に知っておきたい経理の基礎・仕分けの勘定科目一覧

開業前後の必要資金について、その算出方程式とは?

自宅教室の生徒募集をブログでする!~レッスンの可視化

自宅教室で月収20万以上稼ぎたいなら

自宅教室の広告戦術

自宅教室が広告を出すゴールはこれ!

自宅教室体験レッスンは有料?無料?体験荒らし対策

「ピアノ教室 生徒が来ない」という検索ワードがちらほら。。。

自宅教室の入会率が悪いなら

料理教室を事例に~生徒満足とリピート率アップ

自宅で絵画系教室を開きたい!簡単なヒント

生徒募集のチラシ・テンプレートに頼る前にやっておくべき3つのこと

自宅教室の開き方~自宅教室ビジネス・モデル その1

自宅教室最大の「強み」はあなた!

自宅教室オーナー先生の「売り」「強み」って??

素敵な生徒さんに選ばれる教室規約

生徒数20人の壁~生徒さんのニーズに歩み寄ること!

コラボ講座は見込み客を持っている人と行うべし!

そんなレッスンあるなら受けたいです!



自宅教室は「教育産業」か「サービス業」か?

自宅教室で方向性を見失ったら

集客装置としてのホームページの役割とは?



他多数、自宅教室経営ノウハウが満載!



  




>>>ブログ講座をお読みになった方は、こちらへお進みください

>>>ZOOMセミナー(準備中)

>>>個別コンサルティング