本文へスキップ

自宅で教室を開きたい!起業初心者のための自宅教室事業の開き方・始め方から経営改善支援なら

長~く続く人気教室への第一歩!


こんにちは! 自宅教室のトリセツ!・前田昌則と申します。  

今日は、このページを訪れてくださったかたにお役に立てるコンテンツをご紹介させていただきます。


・自宅で教室を開きたい! そう思っていろいろと調べたり、準備に取り掛かろうとしている方
・開校1~2年目で、生徒数や経営上、やや足踏み状態が続いているという方


のために、 初めての方のには、開校するために考えなければならない必須のことを起業入門編としてまとめました。

開校後の方には、事業主としてレッスンとは違うフィールドをいかに考えれば良いのか、そのヒント集をまとめています。


⇒ これから起業!
無料ブログ講座・開校準備実務編はこちらから
【主な内容】
自宅で教室を開きたい! 最初の一歩はこれ!
開校へのスケジュール
最大の「強み」はあなた!
自宅教室の開き方ケーススタディ 
広告戦術
体験レッスンは有料?無料?体験荒らし対策
開業時に知っておきたい経理の基礎・仕分けの勘定科目一覧
ほか多数


 
起業上級・開校1年~の方はこちら!
無料ブログ講義・経営力ステップ・アップ理論編はこちらから

【開校前に知っておこう!起業力アップ】
開業時の21個のチェックポイントはこれ!~リソース編
自宅教室の開き方・始め方の基礎中の基礎「ヒト・モノ・カネ」とは?
え、こんなに!?先生でありスタッフであり経営者でもある自宅教室あなたの役割!
自宅教室に起こりうる4つのトラブル、それを防ぐあなたの○○とは?
自宅教室4つの成功のポイントを今すぐチェック!
【運営・経営力アップ】
レッスン料設定のトリセツ!
ものつくり系教室のターゲットを変えれば高単価レッスン!
自宅教室の売上アップ方程式はこちら!
売り上げアップのために必要な2つの成功とは?
自宅教室の月謝収集方法~トラブルにならないために

他多数


13年の自宅教室の現場から、思ったことを書き連ねています。

⇒ 自宅教室の現場コラム&ヒント集

少しでもお役に立てば幸いです。

教室を開く! でも、何をどうすればいいの?



これから開校される方は、開校後にどんなことを考え、実行していったらいいのか、皆目見当がつかないでしょう。

このブログで前田が実際に考え、行ってきたことを読むことで、
仮想体験・追体験をできるのです。

あたかも開校ストーリーを見ているかのように。


何となくでも分かれば、恐怖・不安が軽減します。

人間の恐れは「わからないこと」「経験していないこと」からくるものが多いです。


また、環境が変わると行動が変わります。

このブログでは、あたかもあなたが、すでに自宅で開校している先生たちの、
その環境の中にいるかのような効果が得られます。


開校後レッスンをしている自分
生徒さんと向き合っている自分

は、ありありと想像できても、
その裏側バックヤードでは何をしているのか、
具体的にイメージできないことも多いと思います。

その意味でも、ぜひこのブログをご活用ください!


すでに開校している方は、うなずけるところが少なくないと思います。
そこからさらに、新しい「気づき」を得て、改善の足掛かりになれば、と願っています。


ぜひご一読ください。

こちらの無料ブログ講座「地域に永~く愛される自宅教室の開き方」で、
その方法をお伝えしています!





ではこのページでは 開校までのスケジュールなどにについてご説明していきます。


「最初の一歩」から「準備~開校~開校後」

   
このブログ講座では、「教室を開く!」と決意されたときに行うべき「最初の一歩」から「準備~開校~開校後」といった自宅教室開業のための手順・大きな流れも解説していきます。
初めての起業はこの手順も分かりにくいものですよね。


また、 気をつけるべきポイント 成功のためのポイント についてもご紹介していきたいと思います。

前田の場合、本当に 「他の教室との違いを出す」「反響の出る広告とは?」 という点で苦しみました。
コレができるかどうかで、生徒が集まるか集まらないかに大きな違いが出るのです!

このブログ講座でこれから自宅教室開業に立ち向かうあなたに、前田が味わったようなつらい日々を送らないですむように、また、最短で教室経営が軌道に乗り、人気教室になれるように、その一助となれば幸いです。  

 

 

自宅教室の開き方超入門


開校に向けての全体図


開校に向けての全体図を、スッテプに分けてお話しします。


■ステップ1
教室を開くと決める
いつどんな教室を開校するか決める。
 ↓
■ステップ2
予算を見積もる。資金の確保
必要なら借入の検討
     ↓

■ステップ3
教室の準備 改築(防音など)、機器・設備等
     ↓

■ステップ4
宣伝広告
広告の準備:2月前~
新聞折り込み、チラシ・看板・HP・ブログ等の準備
     ↓

■ステップ5
開校 各種届出(税務署など)



実例として、前田が当時を振り返ってみますね^^

前回書いたとおり、前田の場合、
3月末にプレ・オープン・コンサートを開いて
4月1日から開校、というふうに決めました。

これが9月頃のことで、開校まで約7ヶ月です。

で、ステップ1:いつどんな教室を開校するか決める
を考えながら、
ステップ2の資金を考えていました。

前田の場合、
・どんな感じの教室にしたいのか(どんなことをしたいのか)
・どんな感じの内装にしたいのか
が12月くらいには漠然とでしたが、見えていました。

なので、それまでの間に少しずつ
・内装のテーマを決め
・防音工事がどれくらい費用がかかるのか調べ
・必要となる機材をリストアップし価格を調べ
大体の必要資金をはじきだしました。


前田の場合、内装・防音工事である程度
お金がかかると予想していましたので、
最初から借り入れを予定していました。


そこで、開きたい教室をさらに練り、創りこみながら
事業計画書に少しずつまとめ、
2月頭頃にはステップ3の内装工事に入り、
3月頭には借入を申し込んで、
3月初旬には、工事終了、ステップ4の宣伝広告開始


・・・の予定でしたが、実際には工事が事情でおくれ、
なんとか、プレ・オープン前にほぼ完成。

借入も、工事が終わって機材もほぼ買ったあとに決定し、
あわや払えなくなるか!?という危機に陥りました^^

広告は2月中頃から準備していましたので、なんとかなりましたが。


そして、開校し、ステップ5の届け出、となるのです。



以上のように
開校までは、やることがいっぱいです。

で、前田は、いつ開校する、と決めたら

・内装・防音工事はいつ初めていつ頃終わらせて
・広告の準備はいつぐらいにして
・ピアノの手配はいつごろすれば
・借り入れの申し込みはいつすれば…

などなど、「いつ初めて」「いつ終わって」
といったことは常に気にしていました。



スケジュール的には、上記のスッテプ1~5の流れで大丈夫です!



さあ、あとは、教室を「創り込む」ことを考えましょう。
では、どうすればよいのか?

こちらの無料ブログ講座「マンツーマンなら30人以上の生徒が集まる教室の開き方」で、その方法をお伝えしています!


⇒ これから起業!
無料ブログ講座・開校準備実務編はこちらから

 
起業上級・開校1~2年の方はこちら!
無料ブログ講義・経営力ステップ・アップ理論編はこちらから


開校準備:開校するために必要な「ヒト・モノ・カネ

ヒト・モノ・カネー

これが独立開校できるのに最低限にして最高の三要素です。
これに「情報」を合わせて、経営資源(リソース)といいます。



ヒト


個人事業の場合、やはり大切なのはすべての基本となる「ヒト」、つまり先生であるあなた自身です。

自分自身に問いかけてみましょう。


・開業してやっていく覚悟はあるか?
・自宅教室の先生は、本当に自分の能力や才能に適した仕事を選んでいるといえるのか?
・今までのキャリアが十分に役立つと思うか? etcetc


このように、ご自身を客観的に分析・評価することが必要です。



さあでは、ここで行うことはー

【開校ファーストステップ】

自分の棚卸しをしよう


ご自身の持つヒト・モノ・カネ、経験などキャリアを「総ざらい」します。

自分の可能性の種を見つけると同時に、「自分自身が自宅教室を開くことで一体何を実現したいのか?」 という目的をはっきりさせること!


自宅教室を開くにはまずはここから始めましょう!



さらに詳しく!

⇒ 無料ブログ講座・実務編はこちらから

 無料ブログ講義理論編はこちらから
 

最終意思決定

ここまでお読みいただき、ありがとうございます!
最後に、もう一度、あなたの決意の程を確かめましょう!

自宅で教室を開くということは言葉が悪いですが、家族をも巻き込むということです。
前田の場合、中学2年生の時に父が脱サラし、それ以来ずっと自営業を営んでおります。
家族で何かをするということの、良いところも悪いところもよく知っています。
子供の立場として、親の仕事の都合に否応なく巻き込まれる―
年を経て大人の立場で、事業主としての立場で家族とのかかわり 等々…

そして、辛い時でもいろいろと支えて、協力してくれるのは家族ですし、万が一失敗したときもあなたと同様に辛いのも家族なのです。

「やっぱり止めた」「まだ自分には早いみたい」なんて中途半端なことは許されません。
(もちろんきちんと考えてみて、どうも生徒さんが集まりそうにない、という結論に達した時は別です。これは開校を諦めるという意思決定になります。
こういう場合は違う選択肢を選ぶということになります。 例えば自宅ではなく、どこか別の場所を借りて開校するなどという方法が考えられますね)  

そしてついに! あなたの願い叶ってとうとう開校となりました。
公に向かって、社会に向かって開校を宣言しました。
なのできちんとした届け出をしなければなりません。  
まず、あなたが一人だけ、つまり講師兼オーナーである場合 -------------------------------------------
■個人事業の開廃業届出書
■所得税の青色申告承認申請書
-------------------------------------------
を税務署へ届けましょう。  

人を雇う場合、または、講師をお願いする場合、 -------------------------------------------
■給与支払い事務所等の開設の届出書
■源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書 -------------------------------------------
を届けておきましょう。  
 


さて、、、
前田にも経験があるのですが、一人で何もかも考えているとやはり見落とし、が出てくるのですね。
ここで、「第3者の目」というのは大切になってきます。
前田の場合、大手お稽古情報誌の営業さんがこの第3者の目になってもらえましたが あなたはいらっしゃいますか、こういう方は?

もし、あなたが
・「自分にはどの方向性が合うのか知りたい。」
・「独立・開校を真剣に考えたい。」
・「集客力をアップして生徒を増やし売上げをあげたい。」 etcetc

というなら、ぜひ前田にお問い合わせいただければと思います。

お読みいただきありがとうございました!  




さらに詳しく!
こちらの無料ブログ講座「マンツーマンなら30人以上の生徒が集まる教室の開き方」で、その方法をお伝えしています!


⇒ これから起業!
無料ブログ講座・開校準備実務編はこちらから

 起業上級・開校1~2年の方はこちら!
無料ブログ講義・経営力ステップ・アップ理論編はこちらから







事業として教室を開くことと、趣味で人にものを教えていることとは、
全く違うことです。
ですので、あらかじめ考えておかねばならないこと、しておかなければならないことがたくさんあります。

例えば「開校への心構え」。
友人知人の先生や、周りの教室をみて、夢や理想だけに振り回されず、現実や自分自身をしっかり見つめることが必要です。


なぜ、自宅で教室を開きたいのか?
リスクをとる覚悟はあるのか?  
etcetc

そのようなことをご自身に問いかけながら、このブログ講座を読み進めていただければ、と思います!




自分の教室に落とし込むと?? 個別相談初回40分無料


これから自宅で教室を開こうと思っている方で

・開校に向けて動いているが、何か見落とし・モレはないか?
・開校に向けて、今どれだけの位置までたどり着いているのか、その進捗状況を客観的に知りたい
・ここが分からなくて、行動が止まってしまっている。。。

などなど、ご不安・不明な点があれば、どうぞお気軽にご利用ください。



概要


・zoom(推奨)、スカイプにてオンラインで個別相談をいたします。 
  対面・電話も可
・初回40分無料
・2回目以降:30分3000円~ 以降10分毎プラス1000円
       60分枠 5400円 以降10分毎プラス1000円
・お支払い:振込み・paypalクレジット 
手数料・利用料はご負担ください。


第3者の目はありがたいもの。前田も自分の経験上、アドバイスには耳を傾け
るものと感じています。

但し、相談する相手が自分で独立起業をしたことのない人や、ビジネスの実務についてあまり知らない方では逆に不安になることもあります。

その点マエダなら、現役自宅教室経営者として、元家業であった飲食店事業主として、自営業者や個人教室の先生が陥りやすい「わな」を熟知しています。

一人で悩まないで、どうぞお気軽に前田にお申し付けください!
ご利用しやすい料金設定です!

お申し込みフォームは下記へ



◆メール相談もどうぞ!初回1往復無料
⇒ メール相談詳細はこちらから




⇒ これから起業!
無料ブログ講座・開校準備実務編はこちらから

 開校1~2年の方はこちら!
無料ブログ講義・経営力ステップ・アップ理論編はこちらから




準備前準備編1> 開くと決めたら! 2 > すでに開校しているなら3

カルチャー&ミュージックスタジオ 学び屋あんぷらぐど

〒344-0046
埼玉県春日部市上蛭田219-11

TEL 048-755-2363