■ネットでテーブルコーディネートを学んでいます。

             【初めて学ぶ 〜ぬしのテーブルコーディネート修行編〜】

テーブルクロス1枚でその空間ががらりと変わるのです!!それがテーブルコーディネートに魅せられた理由です。

 この項の目的は、全くはじめて学ぶぬしのコーディネートを酒の肴にして、このくらいならワタシ・ボクにもできる!という安心感をみなさまにお伝えすることです(笑)。
 いえいえ、テーブルコーディネートって楽しそう、と伝わればそれが一番です。

詳しく学ぶには  テーブルコーディネートを気軽に楽しむサイト 〜ウィーンの窓から〜
鋭い観察眼と文化に、知識に裏打ちされたとてもいい通信サイトです。おススメ!
ヨーロッパの小さな町の定食屋さんをイメージしました。
番外編;コンサートでこの花を飾りましたので、それでコーディネートしてみました。
テーブルコーディネートは、何を出発点にしてもいいそうです。花・料理・色・・・。何でもOK!
15夜お月様見ては〜ああねるう お月見には何を食するか調べました。、白い器にお団子と栗、青い器に芋の煮っ転がし、どんぶりにいわゆる月見うどん(笑)。
テーブルランナーにたくさん物をのせるのはやめましょう。
08年7月 「和」〜七夕〜
器の選定に迷いました。
というのは、どの器にどんな料理を盛り付ければいいか
さっぱりわからなかったからです(泣)。

日本人として、全く文化をわかっていません。
ちなみに
昔の七夕の日には何を食していたか、ご存知ですか?
テーマ〜イギリスのB&Bで朝食を−08年4月
コンチネンタル・ブレックファーストをだす設定です。

先生にもほめられました。
 (といっても、とってもほめ上手の方なので笑)

テーブルコーディネートの雰囲気のジャンルで分けると
「ナチュラル」で「ハードカジュアル」に当たるそうです。

テーブルコーディネートって奥が深く、ほんとに面白い!

かなりはまっています!。
タイトル
 「朝食 春の新緑〜水の香りとともに」

・春の新芽や木々の緑をイメージして緑のテーブルマットを使用

・「水(海や川など)だな」と感じ、青いカップとソーサーがあったので、青を水のイメージとして使用

先生は、陸・高原のイメージだそうです。う〜ん、面白い!
            「ティータイム」

以前指摘されたことと同じ失敗をしてしまいました。
それはー、位置です。
先生、ゴメンナサイ。

                            

去年(06)12月のクリスマス・コンサートのセッティングです。
赤と緑はクリスマス・カラーとは知りませんでした。

松ぼっくりはどんな意味があるのでしょう。
無知でスミマセン。
まだ、習う前です。
この頃には、コーディネートを習いたいと考えていたと思います。

そして07年のクリスマス・コーディネートです。

             今回のテーマは
           1)ディナー・コンサート
           2)「色を合わせる」

         2)はけっこう難しいのです。
 色合わせの法則はあるのですが、実際配置してみると微妙にしっくりこないこともあります。

           クリスマスのキーワードは
              白・赤・緑
              木製のもの
日本でクリスマスに食べるといわれているものと、実際に欧米で食べられているものは違うということをご存知ですか?

 英語圏では七面鳥を食べるようですが、他の国々では違うものを食べているのですねー。
さあ、何を食べているのでしょうか?
BEFORE AFTER




味気ないテーブルと空間が―




こうなります。

「ディナー」。

今回は自分でもいまいちでした。
どうもしっくりこなかったのです。

原因をいろいろ指摘していただき、納得です。
1)食器あわせの難しさ
2)花瓶について
3)その他いろいろ

さあ、どういうことでしょうか?
皆さんもお考えください。


ピアノを聴きながら優雅に・・・

粋な老夫婦に似合いそうです(笑)

いいイスが・・・欲しい!!

どんな料理が出てくると思いますか?
実はパスタを思い浮かべています。
そして―
その料理ひとつにも、その国の文化が詰まっているのです。
今回、改めて感じました。



これも家にある食器を引っ張り出しました。

こうしてみると、家の食器に何があって何がない、
テイストに統一感がないなど分かります。
それもそのはず、うちは貰い物が多いのです(笑)。
以下、1番最初に添削を受けた例です
                    「朝食」。

  ヨーロッパの旅先の、小さな小さな宿での朝食をイメージしました。

             イングリッシュ・ブレックファースト、
             コンチネンタル・ブレックファースト
             違いをご存知でしょうか?

 20代のときロンドンをはじめ,
 ヨーロッパ4カ国へ行ったことがありますが、
 そのときは気にも留めませんでした。

 何しろ日本から持っていった、ツナ缶と「ごはんですよ!」で飢えをしのいでいたのですから(笑)
避けましょう。
紙ナプキンをテーブルマットにするのは!

あと何が足りないでしょうか?

ナイフ・フォークです。

また、置く位置に気をつけましょう。
どこが変か、わかりますか?
すべてそのとき家にあった食器などを使っています。

基本的ルールや使い方がわかればそれなりに見えます。

が、プロの目から見ると・・・
う〜ん、コワい!!

                      
詳しく学ぶには  テーブルコーディネートを気軽に楽しむサイト 〜ウィーンの窓から〜
鋭い観察眼と文化に、知識に裏打ちされたとてもいい通信サイトです。おススメ!

トップネットでプライベート英会話講師を探してみました紅茶体験セミナーフラワービジネス